チーム900レーシング・サイクルジャージ製作決定!

チーム900構成員の面々から、要望のあったサイクルジャージの製作を現在進めています。
我がチームチーフデザイナーのJUN氏の手により着々と進行中です。
内容は半袖上着、サロペットパンツ、手袋の三点セットです。
当初三点セットで考えてましたが、長袖上着とキャップも入れて五点セットで考えたいと思います。 JUNさん、いいかなぁ♪
デザインや色遣いは全てチーフデザイナーに一任しておりますのでおまかせ下さい。
現在のスポンサーロゴ数点は交渉し決定しております。
よろしくお願いいたします。
f0001993_10535263.jpg

   上記が進行途中のデザインで細部はこれから煮詰めていきます。

==以下はチームチーフデザイナーJUN氏のジャージ製作におけるコンセプトです。==

●ジャージ単体での美しさを競うのではなく、「着たときに格好良く見える」すっきりとしたデザイン。細かい柄を入れるよりも、全面デザインできるメリットを活かしてダイナミックな色分けを考えました。
●誰が見ても、チームコンセプトが理解できるような、メッセージ性の強いものを。
●スマートに見えるように、上下で連続した縦基調のグラフィック。
●「whthout me, my bike is nothing/without my bike, I am nothing」-「オレなくして、この自転車は存在し得ない/この自転車無くして、オレは存在し得ない」という一心同体をアピールするメッセージを右肩/左肩に。チームで使用するということを考えて、同じチームメンバーが着ているジャージのメッセージを見て、競技中にも自分を奮い立たせることができるように、と考えました
。これはグローブにも入れて、乗車中にも目にはいるようにしたいと思います。
●競技に必要な「集中力、正確さ、リズム、情熱、勇気」を900レーシングロゴと一体化。左右の肩に。
●カラーはクリーンさをあらわすホワイト、情熱をあらわすレッド、強靱かつ正確な機械をあらわすブラックをベースに。トラックに映えるカラーを選びました。
●パンツは、ジャージと同じデザインですが、汗による汚れが目立たないよう、また脚が細く見えるようブラックを広めに入れています。また、筋肉を強調するかのような不等幅の曲線を入れています。
●背中も前身頃と共通デザインですが、赤いラインを太くしてあります。これにより、背後から見たときの力強さが増しているので、ライバルに与える印象も強いものとなると思います(抜き去ったとき、後続に与えるインパクトも大きいかと)。
●首部分は、汚れやすいのでグレー(ブラックではコントラストが強すぎるので)でトリミングしています。
●袖、裾のバインダーはノッペリした印象を防ぐためにチェッカーパターンでトリミング。
●前身頃には「JUN design works(なんとなくソレっぽいので勝手に入れてみました)」
●背中は、ホワイト部分を短く、ブラック部分を長く採っているので、たぶん脚が長く見えるはずです。
●背中には、暫定でぼくのロゴを入れていますが、同じ位置に購入者の個人ロゴを入れようと思います。
●グローブも、ジャージ上下と同じ不等幅のラインを入れようと思います。

追加画像
f0001993_10113865.jpg

     背中の中央には別のロゴマーク(チームロゴ)が入りますから♪

長袖バージョン 追加
f0001993_1858864.jpg

[PR]

by caymans | 2007-12-06 11:18 | チーム900