ポルシェ 918スパイダー 高性能プラグインハイブリッド

ジュネーブモータショーでワールドデビュー
f0001993_1212253.jpg
f0001993_12122928.jpg
f0001993_12125085.jpg
f0001993_12131723.jpg
f0001993_12155573.jpg
f0001993_12161995.jpg
f0001993_12164247.jpg
プラグインハイブリッドを採用したこのポルシェ918スパイダーは、NEDC(New European Driving Cycle)テストサイクルにおいて、3リッター/100kmの燃料消費量と70g/kmのCO2排出量を達成しながら、スーパースポーツカー並みのパフォーマンスを発揮。このオープントップの2シーターには、高回転型のV型8気筒エンジンが搭載されており、エンジンの最高出力は500PS以上で、最高回転数は9,200rpm。このほかフロントとリアのアクスルに装備された電気モーターが、合計218PS(160kW)の出力を発生する。

このV8エンジンはレーシングカーのRSスパイダーで成功を収めている3.4リッターエンジンをさらに発展させたもので、搭載位置はミッドシップを採用、その優れた重量配分によってサーキットで卓越したパフォーマンスを発揮する。

エンジンとモーターのパワーは7速PDKを介してリアホイールに伝えられ、フロントホイール用モーターは固定変速比によってフロントホイールを駆動させる。
ドライブトレーン同様、918スパイダーの軽量ボディ構造にもモータースポーツから直接引き継いだDNAが反映されている。カーボンファイバー強化プラスチック(CFP)製のモノコックボディのモジュラー構造と、マグネシウムとアルミニウムの適切な組み合わせにより車両重量を1,490 kg未満に抑えることに成功しただけでなく、きわめて高いねじれ剛性による卓越したドライビング精度がもたらされている。
伝統と進化のスムーズなバランスが反映された各ディメンションの組み合わせが、918スパイダーに路上でのパワフルなスタンスを与えている。特にリアスポイラー周りでは、ポルシェ独自の可変空力に対する明確なビジョンと伝統が強く打ち出されている。また、918スパイダーのヘッドレストから伸びるインパクトのある左右のリアフードは、空力的な機能を果たすだけでなく、ラム圧効果を備えたリトラクタブル式のエアインテークが組み込まれている。

ドライバーと助手席乗員は、成形されたスポーツバケットシートに完璧に包み込まれるとともに、効率的な機能とエルゴノミクスに基づくハイテクな操作系と相まってコックピットと一体化してる。これは、未来のスーパースポーツカーにおけるインテリアアーキテクチャを予見させるもの。60年代のレーシングカーからそのまま移植されたようなスピードメーター(左)、タコメーター(中央)およびエネルギーマネージメント(右)と並ぶ3つの独立した円形のメーターは、ポルシェが標榜するドライバーを中心とする独自のフィロソフィを現している。

918スパイダーのフロントに向ってせり上がるセンターコンソールには、車両の機能の直感的な操作を可能とするタッチパネルが取り付けられており、視界に入るスイッチ類の数を減らし、ダイレクトな操作感の原則を守っている。

ドライバーが使用するコントロールユニットは、3本スポークのマルチファンクションスポーツステアリングホイールに集約されている。一方、ポルシェ独自の可変ドライビングモードに加えマップスイッチが装備され、ドライバーがさまざまなドライブプログラムを呼び出すために使用したり、例えば追い越し時に使用するE-Boost用の追い越しボタンとして使用する。また、インストルメントパネルの照明は、燃費走行時のグリーンからパフォーマンスを発揮した走行時のレッドへと、ドライビングプログラムによって変化する。

さらに、918スパイダーにはレンジマネージャーをはじめとする革新機能が搭載されている。センターディスプレイを使って起動すると、レンジマネージャーはナビゲーションシステムのマップに到達可能な範囲を表示し、これによりドライバーはパワーやパフォーマンスを適宜調整してこの範囲を加減することができる。環境に対する警告が出されている都市では、レンジマネージャーは特定の目的地に電気だけで到達できるか否かをドライバーに知らせる。

この情報と、チャージステーションの有無および位置情報に基づいて、ドライバーは自身のドライビングスタイルを決定したり、適切な充電や給油などの判断が可能となる。

きわめて低い燃費、卓越したパフォーマンス、およびモーターによる長距離走行を実現するポルシェ918スパイダーは、電気モビリティを目指すポルシェの企業戦略における画期的なモデルとなっている。
~autoc-oneより抜粋~
------------------------------------
スポーツもハイブリッドへ、と言うことですね。
カレラGTの後継でしょうが、スモールオープンカーを待ち望みます♪
[PR]

by caymans | 2010-03-03 12:25